後発白内障について

後発白内障と前嚢収縮

白内障手術を受けた場合、ほとんどの患者さまが見え方(視機能)の改善を実感されます。ただし、白内障以外の病気があると視力が回復しない場合がります。また、手術後しばらく経って改善していた視機能が低下してくることもあります。これは、後発白内障や前嚢収縮が原因となっています。後発白内障や前嚢収縮は、白内障の手術後にある程度の発生頻度で起こる合併症ですが、通院による外来治療でほとんどは改善します。

後発白内障

後発白内障白内障の手術では、透明な水晶体嚢という袋に包まれた水晶体を細かく砕いて吸引し、そこの人工の眼内レンズを挿入します。近年の手術は、水晶体嚢の前面にある前嚢を円形に切開して行いますが、嚢の中に残っている水晶体の細胞が増殖して水晶体嚢を濁らせてしまうことがあります。これが進行すると視力が低下する後発白内障となります。発症率は、手術後5年間で約20%とされています。

点眼薬の使用や眼内レンズの形状を工夫することで進行を遅らせることも可能になってきていますが、現在はまだ完全な予防法がありません。

治療方法

濁ってしまった水晶体嚢にレーザーで孔を開けることで、眼内に光が入るようになり、視機能が改善されます。痛みがなく、短時間で行える治療ですから、外来通院で治療を受けられます。後発白内障は治療を受けたら再発することはほとんどありません。治療を受けてしばらくの間、飛蚊症のようにゴミが視界に飛んでいるように見えますが、徐々に解消していきます。まれですが、レーザー治療の合併症で炎症、眼圧上昇、網膜剥離などが起こる場合がありますので、痛みやめのかすみなどの症状があったらすぐに担当医へご相談ください。

  • 水晶体嚢にレーザー
  • 水晶体嚢にレーザー

前嚢収縮

白内障手術で円形に切開した水晶体嚢の窓が、術後に小さくなった状態です。切開した周囲に残った水晶体の細胞が炎症反応を起こして線維性の細胞に変化、増殖することで起こります。これがやがて、巾着を絞るように切開窓を狭くしてしまい、瞳孔から光が入りにくくなって視機能が低下します。前嚢収縮が進行しやすいのは、手術後6ヶ月以内とされています。通常視機能にほとんど影響を洗えないのですが、瞳孔の中心部分にかかるほど進行した場合には眼内に光が入りにくくなるため、視機能低下の原因になります。視機能低下が起きた場合には、治療が必要です。前嚢収縮は、後発白内障と同様、現在のところ有効な予防方法はありません。

  • 水晶体嚢にレーザー
  • 水晶体嚢にレーザー

※画像:日本白内障学会ホームページより

  • 左の写真:軽度の前嚢収縮 ⇒視機能には影響は少ないです。
  • 右の写真:進行した前嚢収縮 ⇒瞳孔から光が入りにくくなり、視機能が低下します。

治療方法

小さくなった切開窓にレーザーで切り込み入れる治療が可能です。このレーザー治療も痛みがなく、外来で治療が受けられます。ただし、収縮の程度が強く、レーザーで拡大が不可能な場合には手術も検討されます。レーザー治療では、合併症としてまれに炎症や眼圧上昇などが起こる可能性がありますので、なにか異常を感じたら速やかに主治医までご相談ください。

TEL:072-834-2314 24時間WEB予約 確認・変更
一番上に戻る
診療時間
8:30〜12:00
14:00〜17:00 ×

休診日:土曜日午後、日曜日、祝祭日
手術:火曜日午後、木曜日午後
※毎月第三週の土曜日は代診の先生の診察です

初診予約もお電話でお取りいただけます。
予約時間は30分ごとに複数名の予約となります。
予約時間の中で早く来られた方からお呼びしますが、診察内容により時間が遅れることがございますので、予めご了承ください。

電話:072-834-2314
住所:〒572-0082 大阪府寝屋川市香里本通町8-1
かほりまちガーデン1階