飛蚊症について

飛蚊症とは

飛蚊症なにか見ている時に、なにもないのに黒い虫のようなものが動いているように見える症状を起こすのが飛蚊症です。大きさ・形状などはさまざまですが、視線を動かすとついてくるような場合もあります。自覚症状が現れる年齢は幅広く、20代で症状を自覚されるケースもよくあります。

飛蚊症の原因

生理的飛蚊症

目の中を満たしている硝子体という物質は、変化してしわのようなものができることがあります。その影が黒く見えるものは生理的な飛蚊症ですから、特に治療の必要はありません。
また、加齢によって硝子体の後ろが網膜からはがれ、それが黒く見える場合もあります。

病的飛蚊症

飛蚊症が病気の初期症状として起こっている場合、放置すると視力の大幅な低下や失明の可能性もありますので、早期に治療を受けることがとても重要になってきます。
飛蚊症を引き起こす病気には、網膜裂孔とそれが進行して起こる網膜剥離、高血圧や糖尿病、外傷などによる硝子体出血、そして細菌やウイルス、アレルギーによって起こる炎症によるぶどう膜炎があります。ぶどう膜は、虹彩・毛様体・脈絡膜によって構成されている部分です。

飛蚊症の対策

飛蚊症は、特に治療を必要としないケースも多いのですが、網膜剥離など早期の治療が不可欠な病気が隠れている場合もあるため、原因を見極めることが重要です。以下のような症状を自覚した時には、速やかに眼科専門医を受診してください。

  • 黒い点の量が急に増えた
  • 黒い点が見える範囲が急に広がった
  • 暗い場所にいる時、理由なく稲妻のような光が突然見える
  • 視力が急激に低下した
  • 視野の一部分に欠けがある(片目で見た時に、一部見えない部分がある)

経過観察

飛蚊症のほとんどは放置しても大丈夫なものですが、中には病気が原因となっていて大幅な視力低下や失明につながるものがあるため、症状を自覚したら眼科専門医を受診して原因を調べてもらいましょう。病気が原因の場合は、早期発見して適切な治療を受けることで深刻なトラブルへの進行を防ぐことができます。

TEL:072-834-2314 24時間WEB予約 確認・変更
一番上に戻る
診療時間
8:30〜12:00
14:00〜17:00 ×

休診日:土曜日午後、日曜日、祝祭日
手術:火曜日午後、木曜日午後
※予約優先制となります。
※検査又は診療内容により、順番が前後することがあります。
※毎月第三週の土曜日は代診の先生の診察です

初診予約もお電話でお取りいただけます。
予約時間は30分ごとに複数名の予約となります。
予約時間の中で早く来られた方からお呼びしますが、診察内容により時間が遅れることがございますので、予めご了承ください。

電話:072-834-2314
住所:〒572-0082
大阪府寝屋川市香里本通町8-1
かほりまちガーデン1階