加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症とは

眼に入ってきた光は網膜に映し出されて電気信号に変換され、視神経がその情報を脳に伝達します。この網膜には特にはっきりと見るための役割を担っている黄斑部があり、特にその中心にあって少し窪んでいる中心窩は注視する際に働く重要な部分です。

黄斑部は感度が高いため、網膜の他の部分より強靭にできていますが、それでも加齢によってダメージは蓄積されていきます。加齢性黄斑変性は、黄斑が加齢によってダメージを受けて変性することで起こる病気です。

症状では視力低下が起こりますが、色や形の見え方に悪影響が及ぶケースもあります。黄斑部の中でも最も感度が高い中心窩に変性が起こった場合、より深刻な症状になってしまいます。

加齢黄斑変性症の原因

加齢黄斑変性はその名前が示すように加齢が主な原因とされていますが、太陽光や高血圧、肥満、偏った食事、遺伝などの関与も指摘されており、喫煙者の発症頻度が高いこともわかっています。日本では比較的患者数が少なかったのですが、近年になって増加傾向にあり、特に滲出型が増えています。欧米での中途失明率では加齢黄斑変性が1位ですので、生活様式の欧米化も増加の要因になっていると思われます。糖尿病網膜症や緑内障と同様、失明につながる可能性があるため、注意が必要な眼科疾病のひとつです。

加齢黄斑変性症の症状と種類

加齢黄斑変性には、ゆっくり進行するため急激な視力低下を起こさない「萎縮型」、新生血管というもろい血管ができることで出血しやすく視力障害を起こしやすい「滲出型(しんしゅつがた)」の2種類があります。

主な症状

アムスラーチャートという黒点が格子状の中心部分にあるものを使った検査で網膜に異常がないかチェックできます。セルフチェックでは、片目で中心の黒点を見ます。ゆがみや欠けなどがあったら、できるだけ早く眼科専門医を受診しましょう。

加齢黄班変性の検査

問診の後、視力検査、眼底検査、蛍光眼底造影、網膜断層検査を行って診断します。

眼底検査

加齢黄斑と正常な眼底網膜の状態を観察します。

 OCTアンギオグラフィー

OCT(光干渉断層計)アンギオグラフィーでは、網膜・黄斑部の血管の状態を検査することができます(血管眼底造影)。

 

血管眼底造影

当院では造影剤を使わずに新生血管や浸出液の状態を調べることができます。

網膜断層検査

加齢黄斑変性_OCT画像網膜の断面を観察して、表面以外の部分にむくみなどがないか調べます。光干渉断層系(OCT)という3Dで網膜を観察できる最新機器を使います。何層にもなった網膜を精密に調べることができます。

加齢黄斑変性症の治療方法

レーザー光凝固術

加齢黄班変性の治療は、レーザー光凝固術と抗VEGF療法を中心に行っています。

組織にもダメージを与える危険性があるため、中心窩以外の治療で用いられます。

レーザー光凝固術の詳細 >

抗VEGF療法

硝子体注射新生血管を成長させたり、血液の成分を漏れやすくするVEGFの働きを抑えることで、加齢黄斑変性の治療効果を期待できる治療法です。VEGFは、血管内皮増殖因子というたんぱく質です。
抗VEGF療法は、眼内に注射して治療しますが、安全性を考慮して当院では手術室でのみ注射を行っています。

抗VEGF療法
抗VEGF療法

暮らしの中でできる予防

禁煙・節煙を心がけましょう

世界中で行われたいくつもの研究結果により、喫煙は加齢黄斑変性の危険因子であることがわかっています。できるだけ本数を減らし、禁煙しましょう。

眼に入る青色光を減らしましょう

太陽光は眼の組織に酸化ストレスを与えます。特に太陽光に含まれる青色光は黄斑の変化に関連していると指摘されていますので、屋外では帽子や日傘、サングラスを使うことで目に入る太陽光を減らすようにしましょう。
また、パソコンやスマートフォンの画面から出る青色光も同様に注意が必要です。青色光をカットする眼鏡やモニタ用フィルムを使い、あまり長時間の使用は避けましょう。

バランスの良い食事を摂りましょう

加齢黄斑変性は酸化ストレスが大きな原因とみられているため、抗酸化作用がありアンチエイジング効果が期待できる栄養素を積極的に摂ることが予防や進行防止に役立ちます。ビタミンA・C・E、ルテインなどのカロテノイド、亜鉛といったミネラル、多価不飽和脂肪酸であるω-3などの栄養素を多く含む緑黄色野菜や穀類、根菜類、魚類、貝類などの食品と、他の食品をバランスよく組み合わせて、加齢黄斑変性予防とお体全体の健康を保つよう心がけましょう。

TEL:072-834-2314 24時間WEB予約 確認・変更
一番上に戻る
診療時間
8:30〜12:00
14:00〜17:00 ×

休診日:土曜日午後、日曜日、祝祭日
手術:火曜日午後、木曜日午後
※毎月第三週の土曜日は代診の先生の診察です

初診予約もお電話でお取りいただけます。
予約時間は30分ごとに複数名の予約となります。
予約時間の中で早く来られた方からお呼びしますが、診察内容により時間が遅れることがございますので、予めご了承ください。

電話:072-834-2314
住所:〒572-0082 大阪府寝屋川市香里本通町8-1
かほりまちガーデン1階