老視(老眼)について

老眼とは

老眼は、40歳を過ぎると誰もが始まる目の老化現象で、水晶体が硬くなり、弾力性が弱まって、調節力が低下し、近いところが見えにくくなります。

老眼の症状

老眼の症状症状としては、近くのものが見えにくくなります。細かい文字を読む際に、少し離して見ないと文字が判読できないことで気付くケースが多くなっています。また、そのまま無理をすると下記のような症状が現れます。

  • 肩こり
  • 目の疲れ(目がかすむ)
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 細かい文字が読みにくい

老眼治療・日帰り手術

眼鏡・コンタクト

老眼で近くが見えにくくなり、日常生活に支障がある場合は、眼鏡やコンタクトレンズを用いて矯正します。近くが見えづらくなってきた自覚症状がありましたら、無理をせず早めに眼科を受診するようにしてください。

多焦点眼内レンズ(老眼日帰り手術)

白内障の手術で利用される多焦点眼内レンズは、近くと遠くの2つに焦点を合わせることができるレンズです。
強度な老眼の治療にも使われます。多焦点眼内レンズを使った老眼治療は当院までご相談ください。

老眼に関するQ&A

近視の人は老眼になりにくいですか?

老眼は、加齢(エイジング)に伴う生理現象で、近視の方にも同じように起こります。ただ、近視の人は、近くに焦点が合いやすいので、近くの物が遠くの物よりもよく見えるので、老眼の症状に気付きにくくなります。老眼鏡が必要となる年齢は、比較的遅くなる傾向です。

老眼鏡を使用すると症状が速く進行する?

老眼鏡を使用するしないに関わらず、老眼の症状の進行は進んでいきます。老眼鏡をかけて物を見ると、無理なくしっかりと見えるので、外した時の見えにくさと比較して、目が以前より悪くなったと感じるのが原因です。どちらかというと、老眼鏡を使わず見えにくい状態を続けているほうが目の疲れの原因となります。

TEL:072-834-2314 24時間WEB予約 確認・変更
一番上に戻る
診療時間
8:30〜12:00
14:00〜17:00 ×

休診日:土曜日午後、日曜日、祝祭日
手術:火曜日午後、木曜日午後
※予約優先制となります。
※検査又は診療内容により、順番が前後することがあります。
※毎月第三週の土曜日は代診の先生の診察です

初診予約もお電話でお取りいただけます。
予約時間は30分ごとに複数名の予約となります。
予約時間の中で早く来られた方からお呼びしますが、診察内容により時間が遅れることがございますので、予めご了承ください。

電話:072-834-2314
住所:〒572-0082
大阪府寝屋川市香里本通町8-1
かほりまちガーデン1階