〒572-0082 大阪府寝屋川市香里本通町8-1 かほりまちガーデン1階 電話番号:072-834-2314

白内障・緑内障同時手術について

白内障と緑内障の併発

加齢による白内障は、80歳以上になるとほぼ100%の人が発症し、誰もがいずれかかる病気だと言えます。加齢による白内障は早ければ40代で発症し、50歳代では37~54%、60歳代では66~83%、70歳代には84~97%が発症します。一方、最近の調査では40歳以上の約5.8%(20人に1人)が緑内障を患っていると報告されています。また、緑内障を発症しても、自覚症状がない事が多く、大半の視野が欠損しても気付かないと言われており、緑内障患者のうちの約9割の方が治療を受けていません。

視力が悪くなった、視界がかすむなどの症状から当院を受診し、詳しい検査をすると、白内障と緑内障を併発している方がたくさんいらっしゃいます。これは当院での目安ですが、白内障を患って手術が必要な方の約3割が緑内障を併発しています。緑内障の治療には、点眼治療レーザー治療トラベクロトミートラベクレクトミーバルベルトインプラント手術がありますが、軽度の緑内障の場合、白内障手術を実施する際に、緑内障の手術(トラベクロトミー:流出路再建術)を同時に行います。

当院で行う白内障・緑内障同時手術

同時手術の注意点

白内障と緑内障手術を同時に実施する際には注意点があります。患者さんの乱視の有無です。これまでの緑内障手術(トラベクロトミー)では、結膜・強膜を切開するため、手術による予測できない乱視を誘発し、乱視矯正(トーリック)眼内レンズを用いた白内障・緑内障同時手術を実施することが困難でした。

そこで、当院ではトラベクトームという手術機器を使い、結膜・強膜を切開しない(低侵襲緑内障手術)を実施して白内障・緑内障の同時手術を実施しています。トラベクトームを用いたトーリック白内障・緑内障同時手術は、トーリック白内障単独手術の残存乱視とほとんど結果が変わらないことをこれまでの手術結果からデータとしてまとめ、院長が学会で発表しています。下記にその研究結果を記載します。

下記に記載の通り、当院で実施するトーリック白内障緑内障同時手術では、手術中の予測できない乱視を回避し手術ができます。他の眼科で手術が難しいと言われた方は一度当院へご相談ください。

トラベクトーム

1.6mmの耳側角膜切開のみで手術を行えるため、誘発する乱視が少ない。

 

研究発表トラベクトームを用いたトーリック白内障緑内障同時手術の乱視矯正効果

はじめに

  • これまで、緑内障手術は結膜・強膜を切開するため、手術による予測できない乱視を誘発し、乱視矯正(トーリック)眼内レンズを用いた白内障緑内障同時手術が困難であった。
  • トラベクトームは結膜・強膜を切開しない低侵襲緑内障手術(MIGS)であるので、惹起乱視が少なく、 トーリック眼内レンズを用いた乱視矯正が可能になると期待される。
  • そこで今回、トラベクトームを用いたトーリック白内障緑内障同時手術の残存乱視を調べ、トーリック白内障単独手術と比較する。
  • 本研究は医療法人康雄会 西病院の倫理審査委員会にて承認された。

対象と方法

  • 平成27年8月よりトラベクトームを用いたトーリック白内障緑内障同時手術を行い、3ヶ月以上経過観察可能であった20名24眼をトラベクトーム群とした。
  • 症例は連続症例をレトロスペクティブに調査し、緑内障以外の疾患を合併するものは除外した。
  • 同時期にトーリック白内障手術を施行した18名24眼を単独群とした。
  • 術前の角膜乱視量の測定にはカシアSS1000のリアル値を用いた。
  • レンズ度数の計算にはIOLマスター700を用いた。
  • 術中のマーキングはVERIONを用い、角膜切開部位はVERIONの強主経線上とした。
  • トラベクトームは1.6mm耳側角膜切開から施行した。
  • 術後1ヶ月、3ヶ月の裸眼視力、矯正視力、自覚乱視度数、他覚乱視度数、軸ずれを両群間で比較した。
  • 他覚乱視度数はレフケラトメーターの乱視度数とした。
  • 軸ずれは、ウェーブフロントアナライザーKR1Wの内部屈折のずれとした。
  • 同等性マージンは0.25Dとした。
Image guided system VERION

イメージガイドシステムを用いることにより、検査手技と手術手技による誤差を少なくできる。

結果

1ヶ月裸眼視力(正視ねらいのみ)
  • 研究結果
  • 研究結果
3ヶ月裸眼視力(正視ねらいのみ)
  • 研究結果
  • 研究結果
1ヶ月他覚乱視(D)
  • 研究結果
  • 研究結果
3ヶ月他覚乱視(D)
  • 研究結果
  • 研究結果
3ヶ月他覚乱視の軸
  • 研究結果
  • 研究結果
軸ずれ(ウェブフロント内)

 

  • 研究結果
  • 研究結果

結論

  • トラベクトームを用いたトーリック白内障緑内障同時手術において、術後視力、残存する乱視度数、軸ずれはトーリック白内障単独手術と同等であった。
  • 3ヶ月後の残存他覚乱視はトラベクトーム群で倒乱視が多い傾向があった。

文献

  • 今までトラベクトームを用いたトーリック白内障緑内障同時手術についての文献は報告されていない。
  • トーリックではない、トラベクトームを用いた白内障緑内障同時手術では、残存乱視度数、視力について、白内障単独手術と差がなかったという報告がある。

Refractive and visual outcomes after combined cataract and trabectome surgery A report on the possible influences of combining cataract and trabectome surgery on refractive and visual outcomes Jan Luebke, and D.Boehringer, etc

TEL:072-834-2314 24時間WEB予約 確認・変更
一番上に戻る
診療時間
8:30〜12:00
14:00〜17:00 ×

休診日:土曜日午後、日曜日、祝祭日
手術:火曜日午後、木曜日午後
※毎月第三週の土曜日は代診の先生の診察です

初診予約もお電話でお取りいただけます。
予約時間は30分ごとに複数名の予約となります。
予約時間の中で早く来られた方からお呼びしますが、診察内容により時間が遅れることがございますので、予めご了承ください。

電話:072-834-2314
住所:〒572-0082
大阪府寝屋川市香里本通町8-1
かほりまちガーデン1階