白内障の手術後について

白内障手術後の通院について

白内障の手術を受けたら、手術後、定期的に診療を受ける必要があります。

1週間後まで

手術翌日、2日目、3日目、1週間後に診察を受けます。

1週間後~1ヵ月後

週に1度の頻度で、経過観察のためにご来院いただきます。

1ヵ月後~3ヶ月後

1ヶ月に1回~2回の通院が必要です。

白内障の合併症と手術後の注意点

手術後は、細菌感染を防ぐために、目周辺に触れないよう、そしてホコリなどが入らないよう十分ご注意ください。

また、手術後の点眼は、医師の指示を守り、決められた量、決められた回数の点眼を必ず行ってください。ご自身で判断して回数や量を減らすことは絶対に避けてください。

白内障は成功率が極めて高い手術ですが、外科手術である以上、合併症は存在します。特に注意が必要なのは傷口からの細菌感染です。

手術前には目の周囲を丁寧に消毒しますが、それでもまつ毛の生え際に細菌が潜んでいることがあり、その細菌が切開部分から侵入し化膿することがあります。また、手術後に目の周辺を触ったり、ホコリが入るなどにより細菌が侵入する場合もあります。

手術後に細菌感染により化膿が起きた場合、眼洗浄し再手術を行います。回復しない可能性もありますので、手術後、創が治るまでは目周辺に触れないよう、そして異物が入らないようご注意ください。

まれに起こる合併症

近年、白内障手術は技術が向上しており、合併症の数は少なくなっていますが、まれに以下のような合併症が起こる可能性があります。

眼内炎

手術後、数日以内に起こる可能性があります。手術後の細菌感染による炎症で34人に1人の確率で起こるといわれております。1日~2日で急に目が見えなくなることもあります。目の充血、激しい痛み、目のかすみなどがある場合は、すぐにご相談ください。

駆逐性(くちくせい)出血

手術中に血圧上昇があったり、強く緊張したり、咳込んだりするなどの負荷がかかることで、稀に眼の奥の動脈から出血が起こることがあります。発症頻度は少ないですが、視力に大きな影響がでます。手術後、視界が悪くなった場合はすぐにご相談ください。

黄斑浮腫

眼底にある黄斑部が浮腫(ふしゅ:むくみ)を起こす合併症です。浮腫により視力が一時的に落ちるため、点眼薬やステロイド剤の注射を行って回復を待ちます。

水疱性角膜症

角膜内皮細胞になんらかの障害が起こり、角膜内に浮腫ができ、水がたまる合併症です。角膜が剥がれやすい状態になるため、強い疼痛が起こります。治療には角膜移植が必要になります。

後発白内障

白内障手術後、眼内レンズの後ろにある後嚢が混濁する合併症です。手術の数ヶ月~数年後に発症します。レーザーによる治療で視力回復が可能です。

後発白内障について詳しくはこちら >

TEL:072-834-2314 24時間WEB予約 確認・変更
一番上に戻る
診療時間
8:30〜12:00
14:00〜17:00 ×

休診日:土曜日午後、日曜日、祝祭日
手術:火曜日午後、木曜日午後
※毎月第三週の土曜日は代診の先生の診察です

初診予約もお電話でお取りいただけます。
予約時間は30分ごとに複数名の予約となります。
予約時間の中で早く来られた方からお呼びしますが、診察内容により時間が遅れることがございますので、予めご了承ください。

電話:072-834-2314
住所:〒572-0082 大阪府寝屋川市香里本通町8-1
かほりまちガーデン1階