網膜静脈閉塞症

網膜静脈閉塞症とは

網膜静脈閉塞症網膜静脈閉塞症は、網膜上の静脈が詰まる(閉塞する)ことによって血液やその成分が血管からあふれ出して、眼底(眼球の奥)から出血したり、網膜の中央にある黄斑部に浮腫(むくみ)が生じるなどのさまざまな障害が引き起こされる病気です。それにより視力低下や視野欠損、目のかすみ、ものが歪んで見える変視症といった症状が現れます。
さらにそのまま放置すると、網膜の酸素や栄養不足から異常な新生血管が作り出され、硝子体(しょうしたい)出血や網膜剥離、血管新生緑内障といった深刻な目の病気を合併する場合もあります。

詰まった血管は、現在では元に戻すことができないので、詰まらないようにする事が大切です。

網膜静脈閉塞症の原因

網膜静脈閉塞症の原因には、主に高血圧やそれにともなう動脈硬化が挙げられます。眼球内の動脈が動脈硬化を起こして静脈を圧迫すると、その部分で血液が凝固して血栓が作られる場合があります。この血栓が血流を堰き止めることによって、行き場を失った血液やその成分が静脈からあふれ出して、眼底出血や黄斑浮腫といったさまざまな障害を引き起こします。
また、加齢とともに発症しやすくなる傾向があることもわかっていて、日本人の発症確率は40歳以上で50人に1人の割合とされています。

網膜静脈閉塞症の種類と症状

網膜静脈閉塞症は閉塞を起こした静脈の種類によって網膜静脈分枝閉塞症と網膜中心静脈閉塞症に分類され、それぞれに現れる症状の程度が異なる場合があります。

 網膜静脈分枝閉塞症

網膜上には1本の静脈(網膜中心静脈)から分枝(枝分かれ)した静脈が張り巡らされています。網膜静脈分枝閉塞症は、この分枝した静脈の一部が閉塞するタイプです。
このタイプでは、閉塞した位置よりも上流の静脈から血液やその成分があふれ出して、出血や浮腫といった障害を引き起こします。その結果、視力低下や視野欠損、目のかすみ、変視症といった症状が現れます。
ただし、このタイプは静脈の閉塞が局所的なので、自覚症状がなかなか現れないケースから重い症状が現れるケースまで、静脈の閉塞位置に応じて症状の現れ方に違いが生じます。特に出血や浮腫が黄斑部におよんだ場合に症状が自覚されやすいといわれています。

網膜中心静脈閉塞症

網膜中心静脈閉塞症_眼底写真眼球内を走る全ての静脈は網膜上にある視神経の出口(視神経乳頭)で1本の静脈(網膜中心静脈)に集約されて、眼球外に出ていきます。網膜中心静脈閉塞症は、この網膜中心静脈が閉塞するタイプです。
このタイプでは、眼球内の全静脈の根元である網膜中心静脈が閉塞するので、黄斑部を含む網膜全体に血液やその成分があふれ出して、出血や浮腫といった障害を引き起こします。
さらにこのタイプは、静脈が完全に閉塞するタイプと閉塞が不完全なタイプに分類されます。閉塞が不完全なタイプは血流が途絶えるわけではないので、現れる症状は比較的軽いものにとどまることもあります。しかし、完全に閉塞するタイプは急激に視力が低下して、その後に閉塞が改善されても低下した視力は戻らない場合があります。

 網膜静脈閉塞症の治療方法

網膜静脈閉塞症の治療においては、そもそもの原因である高血圧や動脈硬化に対する内科的な治療も大切ですが、眼科的にも症状の程度に応じて以下のような方法で治療を行う場合があります。

1.薬剤による治療

静脈にできた血栓を溶かす薬や網膜の血管を拡張する薬などを処方することで、血流の改善を図ります。

2.抗VEGF療法

硝子体注射人の体内には新生血管の成長を活性化させるVEGF(血管内皮増殖因子)というタンパク質が存在しています。また、このVEGFは静脈の閉塞によって網膜の血流が悪化した時に、静脈から網膜へと血液の成分を送り出そうとする働きも持っていて、網膜静脈閉塞症による網膜や黄斑部の浮腫発生にも関与しています。このVEGFの働きを抑える抗VEGF薬(抗血管新生薬)を硝子体に注射することで、浮腫の退縮を図ります。

抗VEGF療法の詳細 >

3.レーザー光凝固術(網膜光凝固術)

レーザー光凝固術網膜や黄斑部に発生した浮腫をレーザー光線で焼き固めて退縮を図ったり、網膜上に発生した酸素や栄養の不足した部分をレーザー光線で焼き固めて新生血管の発生や成長を予防します。

レーザー光凝固術の詳細 >

4.硝子体手術

硝子体手術網膜や黄斑部に発生した浮腫が長期間改善されない場合、硝子体手術によって硝子体を取り除くことで網膜への圧迫を軽減させて、浮腫の退縮を図ることがあります。また、網膜の酸素や栄養不足から異常な新生血管が作り出されて、硝子体出血や網膜剥離を合併した場合、硝子体手術によって出血した硝子体を取り除いたり、剥がれた網膜を復位させたりすることもあります。

硝子体手術の詳細 >

TEL:072-834-2314 24時間WEB予約 確認・変更
一番上に戻る
診療時間
8:30〜12:00
14:00〜17:00 ×

休診日:土曜日午後、日曜日、祝祭日
手術:火曜日午後、木曜日午後
※毎月第三週の土曜日は代診の先生の診察です

初診予約もお電話でお取りいただけます。
予約時間は30分ごとに複数名の予約となります。
予約時間の中で早く来られた方からお呼びしますが、診察内容により時間が遅れることがございますので、予めご了承ください。

電話:072-834-2314
住所:〒572-0082 大阪府寝屋川市香里本通町8-1
かほりまちガーデン1階