CYCLO G6による毛様体レーザー凝固術

CYCLO G6とは

レーザー本体:CYCLO G6
経強膜毛様体光凝固専用プローブ:マイクロパルス P3 プローブ、Gプロープ
【仕様】
・治療光:810nm
・連続波(CWモード)とマイクロパルス波(MPモード)
・治療光最大出力:3000mW

※CYCLO G6は、2015年にFDA(アメリカ食品医薬品局(FDA)は、アメリカ合衆国保健福祉省配下の政府機関。連邦食品・医薬品・化粧品法を根拠とし、医療品規制、食の安全を責務とする組織)の承認を受けております。

マイクロパルスとは

○連続波の照射時間を、より短くすることができる技術
照射時間 msec単位の制御を、μsec単位に(照射時間を短くする技術)

照射時間のOFFタイムに、熱の冷却が行われ、温度上昇がおこりにくくなる。

CYCLO G6の仕様目的

毛様体へ熱を与えることにより、 緑内障を治療するレーザー光凝固装置
1.連続波による経強膜毛様体光凝固
2.マイクロパルス波(MP)を使用した低エネルギーな経強膜毛様体光凝固

【期待する治療効果】
緑内障の治療のために眼圧上昇の原因となる房水産生と流出に対して、毛様体にレーザー光凝固を行う事で、房水の産生を抑制させる・房水流出を促す効果を期待して実施する治療です。

※さまざまな病型で眼圧下降効果は得られています、ただし、研究N数が少なく、病型・病期ごとの治療効果の違いについては研究がすすんでいません。
※まずは、低侵襲な治療としてGプローブの代わりにお使いください。Gプローブの適応は、難治性緑内障患者または視野/視力を著しく 悪化している緑内障患者です。

専用プローブの概要

マイクロパルス P3 プローブ

CYCLO G6に搭載されたマイクロパルスP3プローブは、低エネルギーでの治療であるため、重篤な合併症がなく、合併症の発生率が低いと考えられ、また、毛様体扁平部の細胞を刺激しますが、破壊してしまうことはなく、再治療が可能です。原発開放隅角緑内障など(様々な病型・Stage)の治療に実施されます。

Gプローブ(CW連続波)

奏効機序(そうこうきじょ:効果が現れること)が明確であるが侵襲性が強く、重篤な合併症の可能性があります。また、毛様体皺襞部の細胞の破壊を行ってしまうため治療は1回と限定されます。難治性の緑内障に実施されます。

マイクロパルスP3プローブのあて方

【流れ】
1.プローブを結膜/強膜に対して垂直に支持する
2.結膜/強膜にプローブをボールペンで文字を書く程度の筆圧で押しこむ
3.3時と9時の位置を避けて、結膜上を角膜輪部に沿って滑らせ、照射し続ける

 

 参考:Gプローブとの比較

【流れ】
1.プローブを視軸に対して並行に支持する
2.結膜/強膜にプローブを押し込む
3.ポップ音を目安に出力を決め、1点1点、レーザー照射を行う

マイクロパルスP3プローブの特徴

•非切開・非観血治療で、低侵襲な治療
•合併症の発生率は低くい
重篤な合併症がない
•様々なステージの緑内障に適応
•薬物治療との併用も可能
•反復治療可能
•外科的手術後の眼圧コントロールも可能
•効果が得られなかった際には、非切開であるため外科的手術への移行も可能

海外での治療実績

シンガポール国立大学

18ヶ月後の眼圧下降率

シンガポール国立大学(NUHS)によれば
•18カ月後の眼圧下降率33%
•薬剤61%に減少(2.1から1.3剤へ)
•1.3回の治療で、成功率73%
※N=38
成功の定義:最終のフォローアップ時にIOPが6-21mmHgに維持されること、
またはベースラインから30%の眼圧下降を維持されること。

 

78ヶ月後の成功率と眼圧下降率

シンガポール国立大学(NUHS)によれば
•78カ月後の成功率67%。
•その際の眼圧下降率39%
•不成功であった33%では眼圧下降率17%
※N=14

 

2014年の発表

2014年の発表では
•Gプローブによる治療と同等の眼圧下降効果が得られている。
•治療成功率は75%と高く、低眼圧症の発生は0件
※N=24づつ
13/19
成功の定義:眼圧を下降させる薬物療法の有無にかかわらず、6〜21㎜Hgの眼圧と最終的なフォローアップ時に眼圧が少なくとも30%の下降を示すこと。

海外での報告

マイクロパルスP3プローブでの術前術後のUBM所見

形態学的変化または隣接構造の破壊の証拠は観察されない。
⇒毛様体破壊でない機序による眼圧下降を示唆

緑内障治療に与えるメリット

•非切開・非観血治療で、低侵襲な治療
•合併症の発生率は低く、重篤な合併症がない
•様々なステージの緑内障に適応
•薬物治療との併用も可能
•反復治療可能
•外科的手術後の眼圧コントロールも可能
•効果が得られなかった際には、非切開であるため外科的手術への移行も可能

予想される合併症

予想される合併症例

・炎症:抗炎症薬を処方します。
・疼痛:痛み止めを処方します。
・散瞳:通常数カ月で術前ベースラインに回復します。

ファイバー先端部が角膜に近すぎると起り得る合併症例

・角膜上皮障害、角膜内皮障害 、角膜浮腫 等

エネルギー量が多すぎると起り得る合併症

・過凝固等

TEL:072-834-2314 24時間WEB予約 確認・変更
一番上に戻る
診療時間
8:30〜12:00
14:00〜17:00 ×

休診日:土曜日午後、日曜日、祝祭日
手術:火曜日午後、木曜日午後
※毎月第三週の土曜日は代診の先生の診察です

初診予約もお電話でお取りいただけます。
予約時間は30分ごとに複数名の予約となります。
予約時間の中で早く来られた方からお呼びしますが、診察内容により時間が遅れることがございますので、予めご了承ください。

電話:072-834-2314
住所:〒572-0082 大阪府寝屋川市香里本通町8-1
かほりまちガーデン1階