原発閉塞隅角緑内障

緑内障の原因となる眼圧上昇は房水(ぼうすい)の流れによるものです。通常房水は、毛様体という箇所で作られ、図の→の方向に進み、線維柱帯からシュレム管を通って排出されていきます。房水が作られる割合と排水される割合が同じだと眼圧は一定に保たれます。

原発閉塞隅角緑内障とは

原発閉塞隅角緑内障は毛様体で作られた房水が虹彩と水晶体の間で流れにくくなり、房水が溜まり、虹彩が前に押し付けられ隅角を塞いでしまいます(瞳孔ブロック)。片方の眼が原発閉塞偶角緑内障の場合は、ほとんど両眼が同じ症状になることから、もう片方の眼も同時に予防的な治療を行います。
発症速度によって、慢性原発閉塞隅角緑内障と急性原発閉塞隅角緑内障に分けられます。

急性原発閉塞隅角緑内障の場合、急激に隅角が塞がってしまい、房水が眼の中に溜まり、眼圧が急上昇し、視神経に障害を与える場合があり、一晩で失明してしまうこともあり、緊急の場合はすぐに手術が必要となります。急性原発閉塞隅角緑内障の症状としては、激しい頭痛、眼の痛み、嘔吐などがあります。症状からくも膜下出血と間違われる事もあります。

また、白内障を併発している場合は、白内障手術を行い、水晶体を摘出することで隅角を広げることができます。

プラトー虹彩緑内障

プラトー虹彩緑内障とは、虹彩の付着部分が異常なために瞳孔ブロックを伴わずに隅角が塞がってしまう原発閉塞偶角緑内障の1種です。また、プラトー虹彩緑内障と瞳孔ブロックが合併症した緑内障もあります。

原発閉塞隅角緑内障の治療の流れ

1.問診と視診

2.検査(視力検査・眼圧検査等・隅角検査・場合によりUBM)

3.検査結果から分類と進行度合を確認

4.目標眼圧設定

5.治療を決定する

慢性瞳孔ブロック緑内障の場合
急性原発閉塞隅角緑内障の場合

点眼治療で発作を抑え、角膜が透明:レーザー虹彩切開術、角膜が混濁:周辺虹彩切除術(PI)を行います。また、場合によっては白内障手術を行う事もあります。

プラトー虹彩緑内障の場合

混合型緑内障とは

原発開放偶角緑内障と原発閉塞隅角緑内障の合併例を混合型緑内障といいます。混合型緑内障は、まずは、瞳孔ブロック(原発閉塞隅角緑内障)を解消するために白内障手術やレーザー虹彩切開術(LI)を行い、隅角が塞がれた状態を解消します。その後に、原発開放偶角緑内障として治療を行ないます。

混合緑内障の治療の流れ

1.問診と視診

2.検査(視力検査・眼圧検査等)

3.検査結果から分類と進行度合を確認

4.目標眼圧設定

5.治療を決定する

  1. 原発閉塞隅角緑内障の治療を行う。隅角の閉塞が解消したら、
  2. 原発開放偶角緑内障として治療を行う。
TEL:072-834-2314 24時間WEB予約 確認・変更
一番上に戻る
診療時間
8:30〜12:00
14:00〜17:00 ×

休診日:土曜日午後、日曜日、祝祭日
手術:火曜日午後、木曜日午後
※毎月第三週の土曜日は代診の先生の診察です

初診予約もお電話でお取りいただけます。
予約時間は30分ごとに複数名の予約となります。
予約時間の中で早く来られた方からお呼びしますが、診察内容により時間が遅れることがございますので、予めご了承ください。

電話:072-834-2314
住所:〒572-0082 大阪府寝屋川市香里本通町8-1
かほりまちガーデン1階