網膜裂孔・網膜剥離

網膜裂孔とは

網膜が破損する病気

網膜が破損する病気

網膜裂孔とは、眼底(眼球の奥)の内壁を覆っている網膜に裂け目や孔(あな)が生じる病気です。
通常、裂孔が生じただけの段階では視力にまで影響がおよぶことはほとんどありませんが、放置すると眼球内部を満たす硝子体(しょうしたい)の水分が裂孔から網膜の裏側へと侵入し、網膜を内壁から浮き上がらせて剥がしてしまう網膜剥離へと発展する場合があります。網膜剥離は視野欠損や視力低下を引き起こし、場合によっては失明に至ることもある病気で、治療のためには決して簡単ではない手術が必要になります。
そのため、網膜裂孔の段階で発見して、それ以上の進行を阻止することが大切です。

網膜裂孔の原因

網膜裂孔が起きる代表的な原因が後部硝子体剥離と呼ばれる現象です。眼球内の大部分は硝子体というゼリー状の組織で満たされていて、通常は網膜とも接しています。この硝子体が加齢にとともに液状へと変性し、容量が減少して萎縮を起こすことで眼底から剥がれ、網膜との間にすき間が生じる場合があります。これが後部硝子体剥離です。この現象自体は加齢にともなって誰にでも起こり得るものなのですが、その際に網膜の中でも硝子体との癒着が強かった部分が引っ張られて引き裂かれ、網膜裂孔が発症します。
一方、年齢に関係なく網膜裂孔が起きる場合もあります。強度の近視の方は眼軸長(眼球の最前部から最奥部までの長さ)が通常よりも長いことが多く、その長さに応じて網膜が引き伸ばされることで薄く脆い部分が生じてしまう場合があります。その部分が伸長に耐え切れなくなったり、事故などによって頭や目に外部からの衝撃を受けるなどして引き裂かれ、網膜裂孔が発症します。

網膜裂孔の症状

網膜裂孔の代表的な症状に飛蚊症(ひぶんしょう)と光視症があります。飛蚊症は視界に小さな黒いゴミや半透明の糸くずのようなものが浮遊して見える症状です。また、光視症は暗い場所にいる時や目を閉じている時など光が当たっていない状態で視界に稲妻のような閃光が走る症状です。
これらの症状自体は加齢にともなう後部硝子体剥離による生理的な現象として現れることも多く、必ずしも網膜裂孔によるものとは限りません。例えば、硝子体の萎縮によって生じた濁りやシワの影がゴミや糸くずのような形となって現れたり、硝子体が剥がれる際に網膜が受けた刺激が閃光として現れるものです。
しかし、現れるゴミの数や色の濃さ、閃光が見える頻度などが急に変化した場合は、網膜裂孔をはじめとする何らかの異常が目に発生している可能性もあるので、すみやかに眼科を受診することをおすすめします。

網膜裂孔の治療方法

レーザー網膜裂孔が確認された場合、レーザー光凝固術(網膜光凝固術)で治療を行います。これは、レーザー光線で裂孔の周囲を焼き固めて塞ぐことによって硝子体の水分が裂孔に侵入することを防ぎ、ひいては網膜剥離への進行を阻止するものです。

レーザー光凝固術の詳細 >

網膜剥離とは

網膜剥離網膜剥離とは、網膜が眼底(眼球の奥)の内壁から剥がれることで起きる病気です。
網膜は外からの光を受け取って色や形といった視覚情報に変換し、それを脳に送る役割を持つ組織です。その網膜が眼底から剥がれることで、眼底の毛細血管から酸素や栄養を補給することができなくなり、網膜が剥がれた部分からだんだんと死滅していきます。それにともない網膜の持つ機能も低下していくことで、視野欠損や視力低下といった障害が発生し、さらに放置すれば失明に至ることもあります。
網膜の死滅した部分は元に戻すことができず、症状が進行するほど治療も困難になるため、網膜剥離は早期発見と早期治療が重要な病気とされています。

網膜剥離の原因

網膜剥離の原因には、まず網膜裂孔からの進行によるものが挙げられます。加齢にともなう後部硝子体剥離や強度の近眼によって網膜に生じた裂け目や孔から硝子体の水分が網膜の裏側へと侵入し、網膜を眼底の内壁から浮き上がらせて剥がしてしまうことで網膜剥離が発症します。
また、事故などによって頭や目に外部からの衝撃を受けたり、糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症、ぶどう膜炎、アトピー性皮膚炎といった別の病気に合併して発症するケースも少なくありません。

網膜剥離の症状

網膜剥離が起きると、ほとんどの場合、まずは視界に小さなゴミが浮遊して見える飛蚊症や暗い状態で視界に閃光が走る光視症が兆しのように現れます。
これらの症状は網膜裂孔で現れる時と同様に必ずしも網膜剥離によるものとは限りませんが、網膜剥離の早期発見のためには鍵となり得る注意すべき症状といえます。特に、現れるゴミの数や色の濃さ、閃光が見える頻度などが急に変化した場合はすみやかに眼科を受診することをおすすめします。
やがて網膜の剥がれた部分に対応した視野が欠損したり、視力低下やものが歪んで見える変視症といった症状が現れます。さらにだんだんと剥離の範囲は広がっていき、放置すれば失明に至ることもあります。

網膜剥離の治療方法

網膜剥離の治療には手術が必要になります。決して簡単な手術ではありませんが、できるだけ早い段階で行うことによって、近年では網膜復位の成功率が約90%にまで達しています。手術の方法には以下の2種類があります。

硝子体手術

硝子体手術網膜を引っ張って剥離させている硝子体などを取り除くことで網膜を眼底に復位させる方法です。
眼球の白目の部分から挿入した専用器具で硝子体を必要な分量だけ切除・吸引し、そこに特殊なガスを注入します。その上で剥がれた網膜を元の位置に戻し、レーザー光凝固術(網膜光凝固術)で焼き固めて固定します。
なお、手術で注入したガスの浮力で網膜を眼底に押しつけて定着させる必要があるので、手術後1週間程度はできるだけうつぶせなどの姿勢で過ごす必要があります。

硝子体手術の詳細 >

強膜バックリング手術(強膜内陥術)

剥がれた網膜の位置に合わせて強膜(眼球の外壁)を内側に陥没させることで、眼底を網膜に近づけて復位させる方法です。この時、内側に陥没させるためにシリコン製の柔らかい棒を強膜に縫い付けます。
剥がれた網膜と眼底が元の位置関係に戻ったら、その位置に合わせて強膜を冷凍凝固したり、レーザー光凝固術で焼き固めることで網膜を固定します。

TEL:072-834-2314 24時間WEB予約 確認・変更
一番上に戻る
診療時間
8:30〜12:00
14:00〜17:00 ×

休診日:土曜日午後、日曜日、祝祭日
手術:火曜日午後、木曜日午後
※毎月第三週の土曜日は代診の先生の診察です

初診予約もお電話でお取りいただけます。
予約時間は30分ごとに複数名の予約となります。
予約時間の中で早く来られた方からお呼びしますが、診察内容により時間が遅れることがございますので、予めご了承ください。

電話:072-834-2314
住所:〒572-0082 大阪府寝屋川市香里本通町8-1
かほりまちガーデン1階