緑内障とは

緑内障とは

緑内障とは、眼球内の圧力などによって視神経が傷害されてしまい、視野が徐々に欠けていく病気です。ほとんどの場合、慢性的で症状は徐々に進行していきますが、急性の場合は急速に病状が悪化する場合もあります。日本では中途失明原因の第1位となっている病気です。最近の調査では、40歳以上の約5.8%が緑内障を患っていると報告されています。
ただ、緑内障を発症しても、自覚症状がない事が多く、大半の視野が欠損しても気付かないと言われており、緑内障患者のうちの約9割の方が治療を受けていません。視神経は、一度障害を受けると治療を行っても元に戻りません。そのため、緑内障の治療は進行を遅らせることが目的となり、早期発見・早期治療が重要となってきます。

眼圧とは

眼圧2眼圧とは、眼球を丸く保つようにかかっている圧力です。眼球内の圧力が一定に保たれているのは、眼球内で房水(ぼうすい)が一定量作られ、同じ割合で排水されるように循環しているからです。
眼圧は、大気圧と眼球内の圧力の差で計測され、正常眼圧は10~21mmHgとされております。

緑内障の原因

緑内障の原因は、眼球内の圧力が何らかの原因で上昇し、視神経乳頭が圧迫され視神経に障害がでます。眼球内の圧力が上昇する原因は、先天的な原因(発達緑内障)、他の病気や外傷、薬の副作用による原因(続発緑内障)がありますが、ほとんどの場合原因が分かっておりません(原発緑内障)。緑内障発症を早期に自覚するには、定期的な検査を行うことが有効です。

緑内障の症状

緑内障の症状

  • 緑内障の初期:視野が欠けてきていますが自覚症状はほとんどありません。
  • 緑内障の中期:視野の欠損範囲が広がっていますが、この段階でも自覚症状がない事がほとんどです。
  • 緑内障の末期:半分以上の視野が欠損し、症状を自覚しますが、緑内障はかなり進行しています。
自覚症状がない理由

緑内障が進行して視野が欠けていくのに自覚症状がない理由としては、脳が見えない部分を補う作用がある事と両目で見えない部分を補う作用があるからです。半分以上視野が欠損しないと自覚症状がないと言われております。

緑内障のセルフチェック

緑内障は、初期段階で自覚することはほとんどありません。中期以降もしくは急性の緑内障では日常生活に気付く症状が現れます。

慢性緑内障

  •  細かな文字を見ていると疲れやすい
  • パソコンのマウスを動かしたときにモニターのポインターが見えなくなった
  • 時刻表などを見たときに、時間を追うのが難しくなった
  • 階段でつまづくことが多くなった
  • 車の運転が以前よりも下手になった
  • コップの水をこぼすことがある

急性緑内障

  • 急激な目の痛み
  • 電灯の周りに虹のような光が見える
  • 目の充血、かすみ
  • 頭痛、吐き気、嘔吐

上記に記載した内容に心当たりがある方は、眼科を受診してください。緑内障は、回復の可能性がある病気ではなく、できるだけ症状の進行を食い止める病気(治療)となりますので、できるだけ早期に発見することが大切です。

TEL:072-834-2314 24時間WEB予約 確認・変更
一番上に戻る
診療時間
8:30〜12:00
14:00〜17:00 ×

休診日:土曜日午後、日曜日、祝祭日
手術:火曜日午後、木曜日午後
※毎月第三週の土曜日は代診の先生の診察です

初診予約もお電話でお取りいただけます。
予約時間は30分ごとに複数名の予約となります。
予約時間の中で早く来られた方からお呼びしますが、診察内容により時間が遅れることがございますので、予めご了承ください。

電話:072-834-2314
住所:〒572-0082 大阪府寝屋川市香里本通町8-1
かほりまちガーデン1階