緑内障の治療後について

緑内障の治療後について

緑内障の治療は生涯継続していく必要があり、治療後も経過観察を行っていきます。
点眼治療、レーザー治療、手術療法を受けたあとも1~2ヶ月に1回は、眼圧測定と視神経観察などを行い、年に2回~3回視野検査を実施して経過観察を行います。
一度手術を行ったとしても、眼圧上昇があれば、再度手術を行うこともあります。

経過観察のペースは、患者さんの症状、眼圧、視神経・視野の状態によって医師が判断します。

実施する検査

必要に応じて

日常生活について

規則正しい生活を意識する

  • 眼に負担がかかるような使い方は避け、疲れたら休めるようにする
  • バランスのよい食事を摂る
  • 暴飲暴食や夜更かしをしない
  • ストレスをためないようにしましょう

眼の症状で気になる事があればすぐに主治医に相談する

治療を開始してから、眼の症状や体の不調を感じたら、すぐにご相談ください。
薬の副作用や別の要因による眼圧の上昇等も考えられます。

  • 点眼治療を開始してから夜中に咳が出る
  • 階段を上ると以前より息切れがする

など

緑内障は、患者さんも症状や治療内容をしっかりと理解して、点眼薬等決められた量・回数を守り、継続的な治療を行っていくことで進行を防いでいきましょう。

TEL:072-834-2314 24時間WEB予約 確認・変更
一番上に戻る
診療時間
8:30〜12:00
14:00〜17:00 ×

休診日:土曜日午後、日曜日、祝祭日
手術:火曜日午後、木曜日午後
※毎月第三週の土曜日は代診の先生の診察です

初診予約もお電話でお取りいただけます。
予約時間は30分ごとに複数名の予約となります。
予約時間の中で早く来られた方からお呼びしますが、診察内容により時間が遅れることがございますので、予めご了承ください。

電話:072-834-2314
住所:〒572-0082 大阪府寝屋川市香里本通町8-1
かほりまちガーデン1階