OCTアンギオグラフィー(光干渉断層血管撮影)

OCTアンギオグラフィー(光干渉断層血管撮影)

OCTアンギオグラフィー(光干渉断層血管撮影)とは、網膜・黄斑部の血管の状態を評価する検査です。これまで行っていた蛍光眼底造影とは異なり、検査前に造影剤を点滴する必要がなくなります。造影剤が体に合わず体調を悪くされる方もいらっしゃいましたが、OCT(光干渉断層計)アンギオグラフィーの血管造影検査ではその心配は不要です。

原理

同じ部位のOCT画像を短時間に複数枚撮影し、その中で変化のないもの(動いていないもの)を引き算すると、動いているもの(血管内の赤血球)が描出される。赤血球の流れが血管であるから、これを3次元構成したものがOCTアンギオグラフィー(光干渉断層血管撮影)です。これを可能としたのは、赤血球が撮影できるほど精度の高いOCTと、短時間に複数枚撮影できる超高速の撮影装置、得られた画像データを短時間で計算できる高い能力のパソコンです。撮影自体は従来のOCTとなんら変わらないにもかかわらず、血管造影写真を撮影したかのような画像が得られます。

SSOCT:PLEX Elite9000

PLEX Elite 9000は、検査時に造影剤を使わずに網膜の血管と断層像を従来の機器よりも広範囲に撮影できる最新OCTとなります。網膜・黄斑疾患の眼底血管の異常に伴う病気を診断するのに有効です。

パノラマOCTアンギオグラフィー(広角光干渉断層血管撮影)

OCTアンギオグラフィー(光干渉断層血管撮影)を複数枚撮影し、1枚の画像のように合成したのがパノラマOCTアンギオグラフィー(広角光干渉断層血管撮影)です。これまでは観察が難しかった周辺部の病変まで描出できるようになりました。また、1枚の画像で広範囲の病変が確認でき、まさに一目瞭然のため、病気の進み具合の管理がより簡単になりました。

 

前眼部OCTアンギオグラフィー(前眼部光干渉断層血管撮影)

さらに当院では前眼部(角膜や強膜、虹彩、毛様体)のOCTアンギオグラフィー(光干渉断層血管撮影)を撮影可能です。角膜新生血管や、虹彩の新生血管が、写真をとるだけで描出できます。もちろん点滴や造影剤は必要ありません。

TEL:072-834-2314 24時間WEB予約 確認・変更
一番上に戻る
診療時間
8:30〜12:00
14:00〜17:00 ×

休診日:土曜日午後、日曜日、祝祭日
手術:火曜日午後、木曜日午後
※予約優先制となります。
※検査又は診療内容により、順番が前後することがあります。
※毎月第三週の土曜日は代診の先生の診察です

初診予約もお電話でお取りいただけます。
予約時間は30分ごとに複数名の予約となります。
予約時間の中で早く来られた方からお呼びしますが、診察内容により時間が遅れることがございますので、予めご了承ください。

電話:072-834-2314
住所:〒572-0082
大阪府寝屋川市香里本通町8-1
かほりまちガーデン1階