レーザー機器

当院で導入しているレーザー機器について記載いたします。

レーザー機器

YAGレーザー:Tango(ELLEX)

Tango(ELLEX)は、SLT(緑内障:繊維柱帯形成術)とYAGレーザー(後発白内障・緑内障:虹彩切開術など)の2つのレーザー機能をもったレーザー機械です。
・SLT機能:
繊維柱帯の有色素細胞のみを選択的に傷害して基本構造に影響を与えることなく治療が行える(低エネルギー・低侵襲)ので、繰り返し治療が可能で、手術治療に影響を与えません。

・YAG機能:
少ない照射数と低累積エネルギーで効果的に組織切開を行うので、後発白内障のレーザー治療時に眼内レンズに点状の傷が生じるリスクを激減させます。

マルチカラースキャンレーザ光凝固装置 MC-500 Vixi™(二デック) 

マルチカラースキャンレーザーは、緑内障のレーザー虹彩切開術(LI)で虹彩を焼き固める際に使用したり、隅角形成術(LGP)で虹彩を収縮させる際に使用するレーザーです。網膜光凝固術の治療も可能です。

特徴
  • 多彩なスキャンパターン
  • モジュール式レーザ、多種類のデリバリユニットとの豊富な組み合わせに対応
  • デュアルデリバリ対応で双眼倒像鏡及びエンドフォトデリバリの選択が可能
  • 黄色レーザにYellow 577nmを採用。最大出力はハイパワー1500mW
  • スポットサイズ設定を大きくしても角膜上のパワー密度を上昇させないSOLIC機能を採用
  • 低消費電力(100V電源)と優れた安全性、耐久性を実現
機能・性能

スキャンパターンが22種類あり、網膜の状態に合わせたパターンが選択できます。

Navilas® 577+

Navilasレーザーは、従来の機器よりも正確な治療計画と患者さんの負担を軽減することができる網膜光凝固術を行う最新レーザー機器です。
特徴としては、

  • 1.眼底カメラとレーザーが一体となった、世界で初めてのナビゲーションレーザーシステムです。あらかじめ撮影した眼底画像をもとに、レーザーをナビゲートします。
  • 2.カラー眼底画像や蛍光眼底造影画像を撮影できます。カラー眼底画像だけでなく、蛍光眼底造影画像を元にレーザーをナビゲートすることができます。
  • 3.OCT画像など、他の機種で撮影した眼底画像を取り込み、それをもとにレーザーをナビゲートすることもできます。
  • 4.事前の治療計画では、それらの眼底画像を撮影したカラー眼底画像にオーバーレイ(重ね合わせ)し、病変部にレーザー予定部位をマークします。
  • 5.事前の治療計画と優れたアイトラッキング機能によってレーザー照射を行うので、高精度かつ安全性に優れた治療が可能です。
  • 6.従来のレーザー機器よりも迅速かつ効果的な治療が可能です。

    【Navilas® 577+の機能について】

    局所光凝固術
    汎網膜光凝固術

    汎網膜光凝固術とは、網膜を広範囲に光凝固術することです。通常は、網膜を一度に広範囲凝固すると刺激が強いために数回に分けて光凝固術を行いますが、Navilasレーザーでは、1度のレーザー照射でも刺激が少なく、短時間で治療を実施することができるので痛みが少なく、患者さんの通院負担が軽減します。

    閾値下(いきちか)光凝固術

    閾値とは、治療を行うために必要な最小限の強度や刺激などの量という意味で、閾値下光凝固術とは、網膜組織に対して凝固閾値(ぎょうこいきち)に達することなく繰り返し加熱・刺激が可能なレーザー光凝固術で、視機能を維持しつつ瘢痕を回避する事ができる治療となります。

    Navilasレーザー治療例

    ①検査


    PLEX Elite 9000で撮影した眼底の血管造影とVISUCAM NM・FAによる蛍光眼底造影写真を撮ります。
    毛細血管が確認できない箇所、血管が詰まっている箇所を確認(赤丸参照)

    ②治療計画を作成・レーザー照射


    ①の赤丸をもとにレーザー治療計画を作成します。図の黄色いマークは、黄斑部と視神経です。黄斑部の周辺までレーザー光凝固術が可能になった事を見ていただけると思います。

    ③治療レポート


    薄い水色の丸が、あらかじめ計画をたてたレーザーの予定ポイント、内側の白く色がついているところが、レーザー光凝固の後となり、治療計画通り正確に凝固されています。Navilasレーザーでは、このようにどこをレーザー治療したか確認できるように治療レポート機能が付いております。このレポート機能があるので閾値光凝固術を行っても、治療経過を観察することができます。

    【治療レポートの参考例】

    CYCLO G6 マイクロパルス P3 プローブ  毛様体光凝固

    毛様体へ熱を与えることにより、 緑内障を治療するレーザー光凝固装置
    1.連続波による経強膜毛様体光凝固
    2.マイクロパルス波(MP)を使用した低エネルギーな経強膜毛様体光凝固

    【期待する治療効果】
    緑内障の治療のために眼圧上昇の原因となる房水産生と流出に対して、毛様体にレーザー光凝固を行う事で、房水の産生を抑制させる・房水流出を促す効果を期待して実施する治療です。

    ※さまざまな病型で眼圧下降効果は得られています、ただし、研究N数が少なく、病型・病期ごとの治療効果の違いについては研究がすすんでいません。
    ※まずは、低侵襲な治療としてGプローブの代わりにお使いください。Gプローブの適応は、難治性緑内障患者または視野/視力を著しく 悪化している緑内障患者です。

    詳しくはこちら >

    TEL:072-834-2314 24時間WEB予約 確認・変更
    一番上に戻る
    診療時間
    8:30〜12:00
    14:00〜17:00 ×

    休診日:土曜日午後、日曜日、祝祭日
    手術:火曜日午後、木曜日午後
    ※予約優先制となります。
    ※検査又は診療内容により、順番が前後することがあります。
    ※毎月第三週の土曜日は代診の先生の診察です

    初診予約もお電話でお取りいただけます。
    予約時間は30分ごとに複数名の予約となります。
    予約時間の中で早く来られた方からお呼びしますが、診察内容により時間が遅れることがございますので、予めご了承ください。

    電話:072-834-2314
    住所:〒572-0082
    大阪府寝屋川市香里本通町8-1
    かほりまちガーデン1階