まぶたのたるみ、目元のたるみの原因と治療方法

「いつも眠そう」「やる気が見えない」「老けて見える」などといわれるのは、目の回りのたるみが原因かもしれません。「目は口ほどにものをいう」といわれるように、表情の中でも大きなウェイトを占めています。まぶたや目の下がたるむことで他人に悪い印象を与えてしまうのは残念ですよね。今回は専門医の監修の元、まぶた・目元のたるみの原因について説明します。

まぶた・目元のたるみの原因とは

目の回りのたるみには、上まぶたがたるむものと、目元(目の下)がたるむものの2つがあります。目元には、笑ったときなどにぷっくりと膨らむ涙袋のほか、眼窩脂肪が膨らんでできる逆三角形の目袋があります。目の周囲の皮膚は元々薄く、ちょっとしたことでたるみやすい部分です。

まぶたがたるむ原因

まぶたがたるんでくると眼球の前にまぶたの皮膚が垂れ下がってきて、眠そうな、覇気のなさそうな表情に見えたりすることがあります。また、まぶたが視界を狭めてしまうため、常に額にシワを寄せながらものを見る癖がついてしまい、機嫌が悪そうだったり老けて見えたりすることもあります。
上まぶたがたるむ原因はおもに以下の2つです。

老化による皮膚のたるみ

加齢によって皮膚にたるみができるのは、他の部分の皮膚と同じです。目を頻繁に擦ったりメイクやスキンケアでまぶたの皮膚を伸ばしてしまうこともあります。

眼輪筋の衰え

眼輪筋とは眼の回りをぐるりと取り囲んでいる筋肉で、目を開けたり閉じたりします。
加齢とともに眼輪筋は衰えてきますが、パソコンやスマートフォンなどの長時間作業で同じ表情を続けていることで眼輪筋や他の表情筋が衰えることもあります。
眼輪筋が衰えてくると、まぶたや周囲の脂肪を支えきれなくなって、まぶたがたるんで下がる原因となります。

目元がたるむ原因

目元がたるむ原因はおもに以下の3つです。

老化による皮膚のたるみ

加齢によってヒアルロン酸やコラーゲンが減少して皮膚のツヤや張りが失われたり、筋肉が衰えてやせたり、脂肪を支えきれなくなって下がってきたりして、目元がたるんできます。

眼窩脂肪の膨らみ

目袋の眼窩脂肪が膨らんで飛び出すことで、皮膚のたるみを引き起こすことがあります。眼窩脂肪は目元のクマの原因にもなります。

まばたきの減少

パソコンやスマートフォンの画面を見ているときには画面を凝視しがちで、通常時よりもまばたきの回数が4分の1程度に減ってしまうことが分かっています。これによって筋肉が衰え、たるみができてしまうことがあります。涙袋も筋肉のため、影響を受けてたるみやシワとなってしまうこともあります。

眼瞼下垂とは

上まぶたが垂れ下がり、目が開きにくくなって視野を狭めるような状態を眼瞼下垂(がんけんかすい)といいます。ものが見えにくいだけでなく、見るときに眉をつり上げて目を開けようとしたり、あごを上げて視野を確保しようとしたりするため、目の周囲の筋肉が常に緊張状態を強いられ、頭痛や肩こりなどを引き起こす原因となります。

症状と原因

眼瞼下垂の程度については軽度から強度まで3段階があります。

軽度:上まぶたの縁が黒目にかかり、瞳孔にはかかっていない状態
中等度:上まぶたの縁が瞳孔の上半分にかかっている状態
強度:上まぶたの縁が瞳孔の下半分にまでかかっている状態

原因には以下の4つが考えられています。

老人性下垂

老人性下垂では加齢によってまぶたがゆるんだり、筋肉が弱くなった結果、まぶたが落ちてくるものです。

コンタクトレンズ下垂

コンタクトレンズの装脱着時にまぶたを引っ張ってしまうことが原因といわれています。

白内障などの手術による下垂

手術後の炎症などの影響でまぶたが下がってくることがあります。

先天性下垂

生まれつきまぶたを引き上げる筋肉のはたらきが弱いもの。

眼瞼下垂が悪化すると、めまい、吐き気などを感じることがあります。交感神経が緊張を引き起こすこともあります。
自己免疫疾患である重症筋無力症(難病)や動眼神経麻痺などでも眼瞼下垂は起こります。この場合、ものが二重に見える症状を呈することもあります。

眼瞼下垂の治療方法

眼瞼下垂の治療は一般的に手術で行われます。
老化によって皮膚がゆるんでいる場合には皮膚を切除して縮めます。筋肉の力が残っている場合にはゆるんだ筋肉を縫って縮め、力を回復させます。
いずれもレーザーメスによる施術で、時間は20分程度、日帰り手術が可能です。

眼瞼下垂について詳しくは >>

よくある質問

眼瞼下垂に関するよくある質問をまとめてみました。

Q:手術に痛みはありますか?

A:局所麻酔で行いますので、とくに強い痛みを感じることはありません。術後、腫れたり内出血したりすることもありますが、1、2週間で元に戻ります。

Q:手術後に入浴、運動などをしても大丈夫ですか?

A:首から下の入浴は翌日から可能です。ただ、傷口に障るため、洗眼、洗髪は2日ほど控えましょう。術後1、2週間後に抜糸しますが、1ヵ月ほどは激しい運動は避けてください。

Q:ハードコンタクトレンズは使用できるようになりますか?

A:可能ではありますが、あまりお薦めしません。下垂が再発したり、進行したりすることがあります。

Q:手術のついでに二重にしてほしいのですが?

A:機能回復が目的で美容整形手術ではありませんので、すべてにお応えすることはできません。目立つところですのできれいに仕上げることを優先します。

まとめ

まぶた、目元のたるみの原因についてまとめました。皮膚や眼筋の衰えや、コンタクトレンズの装脱着やメイクなどの日常の習慣から、たるみは起こります。視野が狭まることで目に大きな負担がかかって眼瞼下垂となって生活に支障をきたすこともあります。ものを見るときにまぶたを引き上げるために眉をひそめるような仕草が出るようであれば、一度眼科を受診してみましょう。

その他の目の症状について

TEL:072-834-2314 24時間WEB予約 確認・変更
一番上に戻る
診療時間
8:30〜12:00
14:00〜17:00 ×

休診日:土曜日午後、日曜日、祝祭日
手術:火曜日午後、木曜日午後
※予約優先制となります。
※検査又は診療内容により、順番が前後することがあります。
※毎月第三週の土曜日は代診の先生の診察です

初診予約もお電話でお取りいただけます。
予約時間は30分ごとに複数名の予約となります。
予約時間の中で早く来られた方からお呼びしますが、診察内容により時間が遅れることがございますので、予めご了承ください。

電話:072-834-2314
住所:〒572-0082
大阪府寝屋川市香里本通町8-1
かほりまちガーデン1階