網膜・黄斑について

網膜とは

網膜とは眼は、外部の物体に当たって反射してきた光を捉えて物を見ています。光はまず眼の入口である角膜を通して眼球に入ります。その次に、角膜の下を満たす液体の房水、光の量を調整する瞳孔、レンズの役割を果たす水晶体、眼球の形を保つゲル状の硝子体を光が通り抜けてフィルムのような働きを持つ網膜に到達します。角膜から網膜までは全て透明な組織ですから、眼球に入ってきた光は妨げられることなくそのまま網膜に届きます。

網膜は、透明な膜で、眼球の内側を一面にぐるりと覆っており、その表面には1億以上の「視細胞」が存在しています。この視細胞には色や形を認識する「錐体(すいたい)」と、暗い場所で光を感知する「杵体(かんたい)」という2種類があり、眼の中に入ってきた光や物の形、色を感知しています。

網膜はフィルム

網膜で光や物の形、色を感知している視細胞には、光の情報を電気信号に変換する「視物質」が存在しています。光の情報が視物質によって電気信号になると、それは網膜上にきめ細かく張り巡らされた神経線維を経由して視神経乳頭に集められ、そこから視神経を通って脳へと送られます。

眼に入ってきた情報を映す網膜は、カメラで言えばフィルムやCCDの役割を果たしています。カメラでは上下左右に反転した映像をフィルムに写し出しますが、実は網膜にも上下左右が反転した映像が映っています。カメラのレンズや眼の中にある水晶体は「両凸レンズ」なので、通過した像を反転させてしまうのです。それでも私たちの見ている世界が逆転していないのは、光の情報を受け取った脳が、上下左右の反転を修正してもとの状態に復元しているからです。見るという機能は、眼球と脳の連携があってはじめて成り立つものなのです。

黄斑部とは

黄斑とは網膜には、形や色を見分ける「視細胞」が特に密集している「黄斑部(おうはんぶ)」があります。黄斑部という名前の通り、黄がかった色で斑点状の部分です。網膜全体から見るととても面積の狭いこの部分は感度がとてもよくなっており、特にはっきりと見える場所です。

網膜は、主に9層の「神経網膜」と「網膜色素上皮層」の10層構造になっています。そして、光の情報を電気信号に変える視細胞は、神経網膜の一番下の層にあり、その手前の神経網膜には神経線維や血管が走っています。

ところが、黄斑部には神経網膜の上層がなく、視細胞がほぼむき出しの状態で存在します。黄斑部は視細胞が密集しているだけでなく、手前に余計なものがないので、特にはっきり見えます。視細胞がほぼむき出しですから、黄斑部は光の酸化ストレスによる活性酸素の攻撃を受けやすい部分です。そのため、網膜の他の部分より黄斑部は強靭にできています。

そして、黄斑部の中心には特に感度の高い、直径1.85mmの「中心窩(ちゅうしんか)」があります。何かに焦点を合わせている時は、黄斑部で見ています。さらに注視して細かく見分けようと意識している場合には、中心窩にうつった像を見ています。中心窩で見る視力を「中心視力」、他の部分で見る視力は「周辺視力」と呼ばれます。通常の視力検査では、この中心視力を計測しています。

網膜の各疾患と治療

網膜に起こる病気には、孔が開いたり・はがれるもの、血管が詰まって出血するもの、視細胞に異常が起こるもの、組織の変性によって起こるものなどがあります。

原因は病気によってさまざまですが、打撲や外傷、白内障など他の目の病気、アトピー性皮膚炎、ストレスなどのほか、糖尿病や高血圧、動脈硬化などの生活習慣病によって起こる場合があります。網膜に起こる代表的な病気は以下の通りです。

網膜が破損する病気

網膜が破損する病気

網膜が破損する病気

網膜裂孔

網膜に孔が開いたり、裂け目ができている状態です。症状では、飛蚊症や、暗い場所で光が見える光視症が起こることがありますが、視力低下の自覚症状がないので注意が必要です。外来で受けられるレーザー治療で治すことができます。

網膜剥離(はくり)

眼底から網膜がはがれてしまう病気です。すぐに適切な治療ができればほとんどが治りますが、放置すると視力障害が残って改善できなくなってしまいますし、失明の恐れもあります。網膜裂孔が進行して起こるケースが多く、症状では飛蚊症や光視症の他、視野の欠け、視界のぼやけが起こる場合があります。治療は、硝子体手術が必要となります。

高血圧・動脈硬化による網膜の病気

高血圧性網膜症

網膜はとても細い毛細血管が無数に走っている場所です。そのため、高い血圧が続くと血管に障害が起こりやすくなります。この病気は、高血圧によって網膜の血管が破れてしまい、眼底出血を起こすものです。自覚書状がほとんどなく、出血が自然に吸収されるケースも多いのですが、感度の高い黄斑部に起こった場合、出血やむくみで急激に視力が低下してしまいます。また、高血圧は動脈硬化を進ませるため、網膜静脈閉塞症や網膜動脈閉塞症の原因にもなります。

網膜静脈閉塞症・網膜動脈閉塞症

網膜静脈閉塞症網膜の動脈と静脈が接していることで、硬化した動脈が静脈を圧迫し、静脈を詰まりやすくします。詰まった静脈で滞った血液が眼底出血を起こすのが網膜静脈閉塞症です。さらに動脈硬化が進行して動脈が詰まると網膜の視細胞に酸素と栄養を供給できなくなる網膜動脈閉塞症が起こります。
網膜動脈閉塞症を発症すると、視細胞に酸素や栄養が届かなくなるため、短い時間で視神経が死滅してしまい、その部分の視野が欠けるようになります。
特に、網膜中心動脈閉塞症の場合、動脈の根本が詰まっていますので、速やかに治療を受ける必要があります。

黄斑部に起こる病気

中心性網膜症(中心性漿液性脈絡網膜症)
視力にとってとても重要な部分である黄斑部に起こる病気です。ストレスなどにより、黄斑部に水分がたまることで、視界の中央部分のゆがみ、黒ずみ、ものが小さく見えるなどの症状が現れます。ほとんどの場合、片目だけに現れ、発症が多いのは30~50歳の男性です。重症化することはまれで、ほとんどは数ヶ月で自然に治っていきます。ただし、早急に治療の必要がある黄斑変性症と症状がほとんど同じですので、こうした症状があったら必ず眼科専門医を受診しましょう。

加齢黄斑変性症

黄斑部の組織が変性して起こる病気で、50歳代半ば以降の発症がほとんどです。症状は中心性網膜炎とほぼ同じで、視界の中央部分のゆがみ、黒ずみ、ものが小さく見えるなどの症状が現れます。ゆっくり進行する「萎縮(いしゅく)型」と早急に治療が必要な「滲出(しんしゅつ)型」があります。

そのほかの網膜の病気

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症糖尿病の合併症として起こる網膜の病気です。症状がほとんど現れないまま末期まで進行してしまうため、失明するケースも珍しくありません。緑内障や網膜剥離なども発症しやすくなるため、糖尿病であることがわかったら、定期的な眼科検診を受ける必要があります。
血糖値が高いと、その糖が血管にダメージを与え続けます。網膜にはとても細い毛細血管が無数に走っているため、詰まったり、血流悪化が起こりやすい部分です。血流が不足すると酸素や栄養が行き届かなくなるため、もろく破れやすい新生血管ができてしまい、出血を繰り返すようになります。

網膜色素変性症

視細胞のうち、暗いところで光を感知する「桿体(かんたい)細胞」に異常が起こる病気です。原因がまだわかっておらず、治療法が確立していないため難病の特定疾患として指定を受けています。進行速度や症状はさまざまで、急激に失明まで至るケースもあれば、長期間の小康状態を保って生涯に渡り不自由なく過ごせる場合もあります。

TEL:072-834-2314 24時間WEB予約 確認・変更
一番上に戻る
診療時間
8:30〜12:00
14:00〜17:00 ×

休診日:土曜日午後、日曜日、祝祭日
手術:火曜日午後、木曜日午後
※毎月第三週の土曜日は代診の先生の診察です

初診予約もお電話でお取りいただけます。
予約時間は30分ごとに複数名の予約となります。
予約時間の中で早く来られた方からお呼びしますが、診察内容により時間が遅れることがございますので、予めご了承ください。

電話:072-834-2314
住所:〒572-0082 大阪府寝屋川市香里本通町8-1
かほりまちガーデン1階